本日 196 人 - 昨日 173 人 - 累計 278729 人

沖縄ジジ通信

  1. HOME >
  2. 沖縄ジジ通信
仲筋ぬヌベーマ節 伊良皆高吉 投稿日:2015年03月25日 00:58
仲筋ぬヌベーマ節(竹富)

一、仲筋ぬヌベーマ ふんかどぅぬ 女童 (スーリーヨウ) イユサヨー ヒーユウナー

【歌意】竹富島仲筋のヌベーマ女は 仲筋村(幸本家〈こうもとけ〉)の乙女であった

  ※イユサ=イーユン=イールン(もらう)
 ヒーユウ=ヒーン=ヒール=ヒーユン(クゥイユン)=上げる(あげる)=差し上げる
【もらいたいとの事なのであげるのですよ、と解釈することができると思うが】


二、一人(ぴとぅり)ある女子(みどぅなふぁ) たぬぎゃある 肝(きぃむ)ぬ子(ふぁ)

【歌意】一人子の箱入り娘であった 一人子の掌中の珠であった


三、ぱなり夫人(ぶどぅ)持(む)つぁしょり うとぅぎゃ夫人(ぶどぅ)持(む)つぁしょり

【歌意】新城島の役人の賄女にやり 遠島の役人へ嫁がせたのです


四、なゆぬゆん持(む)つぁしょる いきゃぬゆん持(む)つぁしょる

【歌意】どんなわけでヌベーマをやったのか いかなる理由で嫁がせたのか

◎八重山古典民謡誌(喜舎場永珣著)に10番まであるが、
安室流保存会工工四(玉代勢長傳著)の歌誌は上記4番までである。

八重山古典民謡誌(喜舎場永珣著)引用
※は私的の解釈である

※八重山古典民謡誌(喜舎場永珣著)に10番まであるが、あまりにも悲哀で
歌う者も涙なしでは唄えないほどである。

お名前 :記憶
メールアドレス
タイトル
本文 [] [特大] [] [] [斜線] [下線] [取消線] [] [] []

URL
添付画像 1枚目:
2枚目:
※ JPEG / PNG / GIF / BMP 形式 5MB以内
削除キー (半角英数字8文字以内)