本日 173 人 - 昨日 194 人 - 累計 401529 人

沖縄ジジ通信

  1. HOME >
  2. 沖縄ジジ通信
崎枝節 解説 伊良皆高吉 投稿日:2013年10月28日 22:33
崎枝節(トゥマタ松節)

①とぅまた松ぬ下から馬ば乗りおるすや
【訳】トゥマタ松の下から威風堂々と
   馬に乗って来られる方は?

②誰々ぬどぅ乗りおる 何り何りぬどぅ乗りおる
【訳】誰が乗って来られるのですか
   どなたが乗って来られるのですか

③崎枝主ぬどぅ乗りおる 主ぬ前ぬどぅ乗りおる
【訳】崎枝与人(村長)の乗馬である
   (※乗っておいでである)
   崎枝目差(助役)の乗馬である
   (※乗っておいでである)

④崎枝主ぬまかないや 島仲屋ぬまんとうま
【訳】崎枝村長の賄女(マカナイ)は
   島仲屋(シマナカヤー)のマントウマ(=乙女の名前)美人です
 
シタリ ヤゥヌ ユバナヲレ ミルクユーバ タボラレ
※ハヤシ
  したり=よくもやったり
素晴らしい世の中になって下さい
弥勒菩薩の慈悲多く(天恵豊)
豊かで安寧な世の中を頂きたい


引用資料:喜舎場永珣著「八重山民謡誌」

※の部分は伊良皆髙吉の解説

お名前 :記憶
メールアドレス
タイトル
本文 [] [特大] [] [] [斜線] [下線] [取消線] [] [] []

URL
添付画像 1枚目:
2枚目:
削除キー (半角英数字8文字以内)