本日 179 人 - 昨日 194 人 - 累計 401535 人

沖縄ジジ通信

  1. HOME >
  2. 沖縄ジジ通信
桃里節 解説 伊良皆高吉 投稿日:2013年10月28日 22:49
桃里節


①桃里てる島や 果報ぬ島やりば から嵩ば前なし うやき繁昌
【訳】桃里という村は果報の村であるから カラ岳を前にして豊かであり繁昌している


②から嵩に登ぶてぃ 押し下し見りば 稲粟ぬなうり さてぃむ見事
【訳】カラ岳に登って田畑の作物を見下ろすと 稲粟の豊穣なことは見事な稔りかたである


③ 赤よらぬ花や 三月どぅ咲ちゅる ばがけらぬ花や いつん咲ちゅさ
【訳】赤よぅらの花(デイゴの花)は2~3月頃真紅に咲くが 青春の花は四季を通して咲いている
(※赤よぅらの花(デイゴの花)は旧暦の3月頃に咲くが 我が村の乙女達は何時も花が咲いているように美しい)


④ 花ぬ色美らさ 桜花でむぬ 宮童ぬ美らさ 我島でむぬ
【訳】花の中で色が美しいのは桜花であるが 乙女の色艶の優れているのは桃里村の美童達だ


引用資料:喜舎場永珣著「八重山民謡誌」

※の部分は伊良皆髙吉の解説

お名前 :記憶
メールアドレス
タイトル
本文 [] [特大] [] [] [斜線] [下線] [取消線] [] [] []

URL
添付画像 1枚目:
2枚目:
削除キー (半角英数字8文字以内)