本日 185 人 - 昨日 194 人 - 累計 401541 人

沖縄ジジ通信

  1. HOME >
  2. 沖縄ジジ通信
赤馬節 解説 伊良皆高吉 投稿日:2013年10月28日 22:53
赤馬節

原歌 その1

①赤馬ぬいらすざ 足(あすぃ)四(ゆ)ちゃぬどぅきにゃす
【訳】赤馬の羨ましいことよ 足四ちゃ(赤馬の同義語)の冥加なことよ

②生(ま)りる甲斐赤馬 産(すぃ)でぃる甲斐足四ちゃ
【訳】生まれ甲斐ある赤馬よ 産(す)でる甲斐ある足四ちゃよ

③沖縄(うきな)主ん望(ぬず)まれ 主ぬ前(まい)ん見のされ
【訳】琉球王国に所望され 琉球藩主のお召し馬になった


原歌 その2

①いらさにしゃ今日(きゆ)ぬ日 どきさにしゃ黄金日(くがにひ)
【訳】ああ喜ばしや哉今日の日よ いとも嬉しい哉黄金の日よ

②我(ば)ん産(す)でぃる今日(きゆ)だら 羽(はに)むいるたきだら
【訳】私は生まれ変わったくらいうれしい今日の日を 羽が生えて飛び立つほど嬉しいのだ

※囃子 ハリヌヒヤルガヒ
 
  ハリヌ=晴れの、めでたい、喜ばしいこと
   喜ばしいことを表す

  ヒヤルガヒー=ピアンガル・ヒアンガル
    跳び上がって喜ぶ=非常に喜ぶ、喜びが大きいこと
    はね上がる

    ※たとえようのない大きな喜びである

引用資料:喜舎場永珣著「八重山民謡誌」

※の部分は伊良皆髙吉の解説

お名前 :記憶
メールアドレス
タイトル
本文 [] [特大] [] [] [斜線] [下線] [取消線] [] [] []

URL
添付画像 1枚目:
2枚目:
削除キー (半角英数字8文字以内)