本日 179 人 - 昨日 194 人 - 累計 401535 人

沖縄ジジ通信

  1. HOME >
  2. 沖縄ジジ通信
しゅうら節 解説 伊良皆高吉 投稿日:2013年10月30日 22:35
しゅうら節

①なうしゃる子(ふぁ)の どぅいきゃしゃる子(ふぁ)の どぅ我(ば)んぞなりくうでぃね
【訳】どんな女性の子が 如何なる器量の良い子が私の嫁になってくれるだろうか?

②島(すぃま)々ぬ村々ぬ 美(かい)しゃあすから
【訳】島々の美しい女性が 村々の選り抜きの女性が 器量の勝れた可愛い娘から

③美(かい)しゃあだでん白(しる)さあだでん いんどはだすゆる
【訳】どんな美人であっても如何に容姿が美しくあっても 縁があってこそ肌に添うことが出来る

①今日(きゆ)ぬひば 黄金(くがに)日ば本(むとぅ)ばし
※【訳】今日の日を黄金に値する素晴らしい基にして

②夜(ゆ)ぬ七日(なんか) ぴぬ百日(むむか)祝(ゆわ)いす
※【訳】夜は七日間、昼は百日間も祝いしよう

※囃子
エイ シュウラ ジャンナヨ

エイ→かけ声

シュウラ
 愛らしい、可愛らしい、美しい、丈夫にする、大きくする、かぐわしい、清々しい、上品、高貴な、清潔な、心地いい(例:耳に)=素晴らしい

ジャンナヨ
  めでたい(うれしい)事、うれしいことの様

引用資料:喜舎場永珣著「八重山民謡誌」

※の部分は伊良皆髙吉の解説


お名前 :記憶
メールアドレス
タイトル
本文 [] [特大] [] [] [斜線] [下線] [取消線] [] [] []

URL
添付画像 1枚目:
2枚目:
削除キー (半角英数字8文字以内)