本日 254 人 - 昨日 202 人 - 累計 388891 人
RSS

甲府教室にて

最近、私(伊良皆)が心打たれた事柄、
この場をお借りしてご紹介させていただきます。

清水増美さんは、甲府教室の門下生ですが、
山梨県北斗市白洲中学校の先生でもあります。
先日、中学校対抗のバスケットボールの試合があり、
バスケ部顧問の清水先生は、生徒たちの引率・応援という
大役にて三線教室の稽古にはやや遅れて参加しました。
教室の仲間たちに試合結果をたずねられ
「第1試合は111 - 9で、第2試合は70 - 20で敗れたものの、
20点とりました!」と、目を輝かせて答えました。
きくところによれば、白洲中学校バスケ部員は3名しかおらず、
足りない部員は吹奏楽部から助っ人をよんだとのこと。
しかも、バスケ部の主力のひとりが怪我により松葉杖にて欠場、
そんな状態での出場だったにも関わらずの20点なのです、
と清水先生は教えてくれました。
「勝者には優勝旗やトロフィー等の褒美があるものだけど、
白洲中学バスケ部員とその顧問の先生は、何かご褒美はありましたか」
という私の問いに清水先生応えて曰く
「生徒たちの流した汗が、何よりのご褒美です」

清水先生と白洲中学の生徒さんのお陰で、私の心も
汗と涙で洗われたような気がした、そんな甲府教室出稽古での一日でした。
みなさん、どうもありがとう!



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):